忍者ブログ 管理
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生命力変換(長文)
教授の重要スキルの一つ生命力変換
このスキルのポイントは4つ
・消失ライフ
・変換効率
・消費SP
・ディレイ

変換を使用したときに消失するライフは、スキルレベルに関係なくMAXHPの10%を消費する。
DV型のclaは現在HPが10K近くあるので、一回の変換で1K近くのHPが消失することになる。

生命力変換はこのときに消失したHPの数十%をSPに変換しその分回復する。

このパーセンテージが変換効率で、Lv1だと10%、Lv5だと50%
スキルレベルが上がることに変換効率は10%上昇することになる。

claの場合、変換のLvが3なので変換1回でHPが1Kほど消失しそのうちの30%にあたる300ポイントほどのSPが回復する

ちなみに、現在SPが1Kちょいなので変換4回でMAXSPまで回復する。

もしこれがLv1だと1回の変換でSPは100ポイントしか回復しないので10回くらいやらないとMAXSPにはならない。
しかも生命力変換はHPが10%以下の時には使えないので、実質MAXSPまでは回復できない。

逆にLv5だと1回で500ポイント回復するので2回くらいやれば全快することになる。


阿修羅狩りなどで教授はプリにヒールをもらいながら変換をしようすることになるが、このときヒールは変換2回に対して1回やればいいくらいの形になる。
もしくは1回に1Kほどのヒールをもらえれば十分である。

変換のLvが高ければ変換の回数を減らすことができ、SPを早く充填できる。
さらにヒールをもらう回数を減らせるためプリのSPや労力を減らすことができる。
しかし、大抵の教授はスキルポイントを他に回すためにLv3で止めていることが多い。

一応高Lvの変換のデメリットとしては消費SPとディレイが上げられる。

変換でもっとも注意しなければならないことが消費SPだが、Lv1で1ポイントLv5で5ポイント使用することになる。
要するに阿修羅直後のモンクとSPを交換した際やソウルバーンが失敗したとき、逆に食らった時などはSPを少しでも回復しなければ変換をすることができなくなってしまう
また、消費SPが1でも上がれば多少なりとも変換をできない状態に陥りやすくなる。

特に阿修羅狩りなどでは即SPを回復→阿修羅とSP交換が必要になることと、そもそもSPが0になった時点でエナジーコートが切れるという2つの理由から、claの場合は阿修羅直後にレモンなどを1つ食べてもらい、その後SPを交換すると言う手順を踏んでもらっている。
もちろん、エナジーコートを気にしなければ自然回復を待つか、こちらがレモンやブドウを食べればいいのだが、リズムが悪くなるので混戦時や阿修羅が多い場合はなるべく使ってもらうことにしている。
もしこれができなければ、教授が全ての阿修羅分の回復財をもたなければならないが、重量が厳しいためやっぱりレモン等を阿修羅に持ってもらいそれを使ってもらうと言う形になるだろう。
(教授は生命力変換でSPを回復できるため、50%以上の積載をしていることが多い)

阿修羅後レモンを食べた後に練気功→爆裂までやられると相手のSPが5以下になり結局変換ができないこともある。
こんなとき、変換のLvが低ければ低いほど変換が使える可能性は高まる。

消費SPについて補足しておくと、月光剣での攻撃が敵に当たったときに得られるSPが3ポイントであり、Lv3以下の生命力変換なら月光剣の攻撃1回でそれを補うことができる。

もう一つのデメリットのディレイだが、生命力変換は意外とディレイが長く、Lv1で1秒Lv5で1.8秒になる。
(ちなみにヒールのディレイが1秒で変換のLv1と同じ)

多くの教授がLv5まで上げない理由の一つにこのディレイがあると思われる。
ブラギが常にあればこれは全く関係の無い話だが、1.8秒のディレイは混戦状態ではかなり危険な場合もある。

以前スキルの再振り期間だったときにLv5を取ってみたが、ディレイを差し引いてもSPをすばやくMAXにできるので重宝できた。
しかし、エナジーコートの維持をしたいなどの理由でこまめにSPを回復したいときにはこのディレイがとても不便だった。
あと混戦状態で変換中にやっぱりSWなどのほかのことをしなければいけなくなったときに取り返しが付かないこともあった。

結果的にclaの場合はLv3がいいんじゃないかと思っている。
ブラギがあれば、生体D3Fで阿修羅狩りでなんとか4人の阿修羅のSPをまわすこともできた。
他にも魅力的なスキルが多いのでそれにポイントを割いたほうが良いだろう。

ブラギ下ではディレイが0に近づくのでモーションを短縮できればその分スキルの連射が早くなる。
つまりASPDを高めれば変換の連射が早くなる。
なので最も頻繁に変換を行わないといけないときには、素手+ハイスピードポーションが推奨される。


最後に変換の使い方についての提案になるが、
claの場合は変換をF8キーに登録している。
これは「/q2」コマンドを使用しマウスホイールを転がすだけで変換を発動できるようにするため。
変換の連打が辛いという話をよく聞くが、これにより多少なりとも楽に変換を行うことが可能になると思う。
更にショートカットの手の届きやすい位置に変換の変わりに別のスキルを入れられるし、変換しながら次のスキルへのキーの移動もスムーズにできる様になるので、お勧めしたい。
PR

COMMENT
NANE:
TITLE:
COMMENT
PASSWORD Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
/q2は気づかなかったです。
一回してみようかなぁ
-- from クレスタ -- 2006/09/18(Mon)12:11:53 編集
Re:無題
ちなみにGvの時は逆回転(F7)にサイトを入れてました。
が、先日リヒで誤爆してハイドできなくなって・・・(T_T
やめました。
2006/09/18 13:05

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

<< 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 >>
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 忍者ブログ[PR]