忍者ブログ 管理
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終ステ
昨日は狩りに行かなかったので、久しぶりに最終ステを夢見て見ました。

やっぱり自分の最終ステは転生前から考えていた↓のステかなぁ
STR:6 AGI:31 VIT:96
INT:1 DEX:99 LUK:2・・・(T_T

基本的にはDEX-VITでサブでAGI、あまりSTRって感じですね。
LUKは・・・無かったことで。。

対人型の教授なら迷わずDEXは99でしょう。
教授(セージ)のスキルは早く詠唱できたほうがいいスキルばかりです。
教授は比較的DEX補正が高いので無理の無い装備でも無詠唱が可能です。

VITですが、やっぱり死ににくいってのが一番大切ですよね。
HPは高くなるし、ダメージも減ります。状態変化もしにくくなるしね。
クリエイターのアシッドデモンストレーションが痛くなるのが恐ろしいですが、
ほかのメリットに比べれば仕方の無いことだと思います。
JobLv63のときに補正が4付くので96で止めても100になり
スタンや毒、呪い、沈黙がきかなくなります。

サブステはSTRかINTかAGIになると思いますが、
STRだと積載重量が多くなるのが最大のメリット
回復剤を多くつめれば死ににくくなります。
正直これが正解な気がします。
もしSTRを振るんであればその回復剤の多さを活かすために
VITはMAXの99まで振るのがいいでしょう。
VITが99であれば装備しだいで、あの厄介な高DEX阿修羅を耐えることが可能だそうです。
高DEXはハイドの目押しが間に合いませんからね(T_T
逆にそうじゃなければ交わしたりできるから実際阿修羅にかなり強くなると思います。
STRは1ポイント上がるたびに最大積載量が+30になります。←記憶では・・
DEX99・VIT99だと最大でSTR25まで行くので、
24×30=720の増量が可能です。
これは白ポで言うと48個分、
マステラなら240個分に相当します。

次にINTですが、
これを振るのはほとんどMAXSPの確保のためになるでしょう。
INTはDEX・VITを優先させるとせいぜい25~33の間でしか触れません。
この程度のINTではFD・FWは当たらない可能性が高くそこのところは見込めないようです。
ただ、予測ですがMBrを先に決めることができれば、うまいこと当たるような気がします。通常MobでNBがミスになるてきもMBrを決めれば当たるようになります。
しかし、この場合そもそもINTに振る必要もありません。
ちなみにINT33でSP1500ちょいといったところです。
よっぽどの阿修羅で無い限り余裕で充填できます。

最後にAGIですが、これはモーションディレイを減らすために取ろうと思いました。
高DEXの教授がさらにスキルの回転を上げるためにはASPDを上げるしかありません。
たとえば、杖装備でスキルを使うのと素手+HSPでスキルを使うのでは、連射性能が目に見えて違います。
特に対人ではほんの一瞬で決着がつくこともあるのでよりテクい動きが可能になると信じています。
上の最終ステ候補だとAGI31+補正+支援=52なので
短剣+HSPでASPD170
素手+HSPでASPD174
になる計算です。


あ~、早くAGI振れるようにならねぇかなぁ~
Lv95以上にならないと振れないよ(T_T
つーか、マジLUKなんとかしてくれ・・orz
PR

COMMENT
NANE:
TITLE:
COMMENT
PASSWORD Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
追記
INTについて抜けてました。
INTを多く振るとSPの回復効率が上がります。
ブドウ等の回復剤を使用したときの回復量が上がるので、
敵にソウルチェンジするときのSPダメージが減ってしまいます。
例)ソウルバーン→ブドウ→ソウルチェンジ とか
  阿修羅後ソウルチェンジでSP交換→ブドウ→敵にソウルチェンジとか
-- from cla -- 2006/09/06(Wed)12:00:19 編集

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

<< 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 >>
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 忍者ブログ[PR]